中小企業を人事と組織から会社経営をサポートするなると社会保険労務士事務所

社員トラブル等から「会社を守る」助言、提案。「業績を上げる!」その為に社員の安心・やる気を高める就業規則を作る。

「いい会社」見学会。「感動創庫LFC株式会社」

2014-09-10

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎「いい会社」見学会。「感動創庫LFC株式会社」

本日「いい会社」の法則実行委員会の「いい会社見学会」として、仲間と共に岐阜県本巣市の「感動創庫 LFC株式会社」を訪問してきました。

今回は私が会社の見学許可の申し込みや日程調整を行いました。今後も出来るだけ実施してゆこうと思います。

こちらの会社は法政大学教授の坂本光司先生を中心とした取り組み「日本でいちばん大切にしたい会社大賞 実行委員長賞」を今年受賞した会社です。以前、日記で「岐阜にも、こんないい会社があるのですね」と感慨に浸っていた会社に訪問できてうれしく思います。

業務は倉庫を使った物流事業・通信販売事業です。衣服がハンガーに掛けられ多くありました。

業績として
5年連続増収増益37億円→52億円
5年連続従業員の増員90→130名
経常利益率は7~8%
定年65歳。再雇用によっていつまでも働ける。最高72歳(かつては86歳の方がいた)
残業時間、月平均10時間以下
などなど、夢のような会社です。

世の中のマスコミによってブラック企業などに目を向けがちですが、ブラック企業を調べてもいい会社になる学びはありません。「いい会社」になりたいのであれば、「いい会社」に就職したいのであれば、このような会社を研究すべきです。

さて、本日は急な仕事によって社長の井上 武さんにはお会いできませんでしたが、ご子息の井上剛典 常務と粥川 兼次 監査役のお二人にお話を聞き、会社内の案内をしていただきました。

プロジェクターに映された文字『「社員が幸せになる会社」を目指します!』からして既に、いい会社です。
IMGP2664.JPG

社員48名中9名、スタッフ(パート)84名中3名の合計12名が障害者の方であり、その雇用理由「社会貢献などとは考えておらず、その人に自立してもらえるように、家族として接している」姿勢がまさに「いい会社」です。

朝礼を毎朝1時間かけて行うのも特徴的です。

朝礼で会社と従業員、従業員と従業員のコミュニケーションを十分に図ることが労働時間の1時間をコストとして考えても、それ以上に必要としていること、会社の原動力がそこにある事を十分知ったうえでの取り組みと見て取れます。

人の原理原則に合わせた取り組みと言えるでしょう。手間やコストがかかってもコミュニケーションを充実させるメリットがあるわけです。もちろん会話の内容も充実しています。

ハッピー体操に参加しました。これは沖縄に行った際に沖縄教育出版でも行われていたことを思い出しました。良い情報は遠く離れていても伝播し根付いてゆくものなのですね。

この日記には書ききれない多くの学びが有りました。

最後に井上剛典さん粥川さんと
IMGP2712.JPG

本日はありがとうございました。

レポートを後日お渡しします。お待ちください。

事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

バナー
バナー
バナー